年金給付要件の一覧
                                        
  給付要件    支給される年金   給付となる要因・支給対象者
歳をとったとき
(老齢給付)
国民年金からの給付老齢基礎年金原則として、加入期間が25年以上の人
65歳以上で支給(60歳から繰り上げ支給もある)

公的年金加入期間には、国民年金の保険料納付済み期間、
免除期間のほか厚生年金の被保険者期間、カラ期間を含む。
厚生年金保険からの給付老齢厚生年金厚生年金に加入した人が、65歳以後老齢基礎年金を受け
とるかたちで支給

※在職中(被保険者・70歳以上で適用事業所勤務)は年金額と
給与額の合計が一定額を超えるとき一部または全額が支給停止。
となる。
60歳前半の
老齢厚生年金
厚生年金の被保険者期間が1年以上あり、老齢基礎年金の資格
期間を満たしている人に65歳になるまで支給。

※在職中は一部または全額が支給停止
 雇用保険の給付がある場合は、全額又は一部支給停止
障がい者に
なったとき
国民年金からの給付障害基礎年金初診日前に国民年金の保険料納付済み期間(第2号・第3号被
保険者期間を含む)・免除期間が加入期間の3分の2以上ある
被保険者(であった人)が、次のいずれかに該当する場合

1.国民年金の被保険者期間中に初診日のある病気・けがで
 1級または2級の障害の状態になったとき
2.60歳から65歳前の病気・けがで1級または2級の障害の
状態になったとき
厚生年金保険からの給付障害厚生年金厚生年金の被保険者期間中に初診日のある傷病で、障害基礎年
金に該当する障害が生じたときに、障害基礎年金に上乗せする
かたちで支給。

※障害基礎年金に該当しないが一定以上の障害がある場合は
 厚生年金保険独自の障害厚生年金(3級)・障害手当金を支給
(この場合、障害基礎年金は支給されない)。
亡くなった時    国民年金からの給付遺族基礎年金被保険者または老齢基礎年金の資格期間を満たした者が
死亡した時。(ただし、死亡した者について、保険料納付済期間
(保険料免除期間を含む。)が加入期間の3分の2以上あること。)


 支給対象者
★死亡した者によって生計を維持されていた、
(1)子のある妻 (2)子
 ※子とは次の者に限る
・18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子
・20歳未満で障害等級1級または2級の障害者
厚生年金保険からの給付遺族厚生年金 被保険者が死亡したとき、または被保険者期間中の
傷病がもとで初診の日から5年以内に死亡したとき。(ただし、
遺族基礎年金と同様、死亡した者について、保険料納付済期間
(保険料免除期間を含む。)が国民年金加入期間の
3分の2以上あること。)



支給対象者
★遺族基礎年金の支給の対象となる遺族「(1)子のある妻 (2)子 」
★子のない妻
★55歳以上の夫、父母、祖父母(60歳から支給)
★孫(18歳の誕生日の属する年度の年度末を経過していない者
  または20歳未満で1・2級の障害者)

詳細については当事務所までお問い合わせください。
請求手続きを代行いたします。


 戻る